본문 바로가기 대메뉴 바로가기

CNU HOSPITAL

TOMOTHERAPY

THOMOTHERAPY
  • 最先端高精度放射線がん治療装置、TOMOTHERAPY(トモセラピー)
  • トモセラピー(TOMOTHERAPY)とは?

    「物体の断層面(TOMO)」という単語と「治療(THERAPY)」という単語の合成語で、画像誘導放射線治療(IGRT)と螺旋形断層強度変調放射線治療(IMRT)が並行できる、新概念の最先端次世代がん治療方法です。

Tomotherapy

トモセラピーの紹介

  • トモセラピー(TOMOTHERAPY)とは、「物体の断層面(TOMO)」という単語と「治療(THERAPY)」という単語の合成語で、画像誘導放射線治療(IGRT)と螺旋形断層強度変調放射線治療(IMRT)が並行できる、新概念の最先端次世代がん治療方法です。
  • トモセラピーは、Megavoltage CT(MVCT)が内蔵されているので、毎回の治療ごとにCTの撮影ができ、リアルタイムで腫瘍の位置を正確に把握することができる画像誘導放射線治療(IGRT)を行うことが出来ます。また、二元性多分割コリメータからなる精巧な放射線ビームが360度方向から連続回転しながら照射するため、より精度の高い強度変調放射線治療が可能になります。従って、腫瘍の治療のみならず、画像診断を通して腫瘍の大きさの変動が同時確認できるという利点を持っています。
  • このような技術は、放射線治療における治療効果を極大させ、治療による副作用を画期的に減少させることが出来るため、がん患者にとって大きな希望となるがん治療機器です。

トモセラピーの特徴

画像誘導放射線治療(IGRT)

トモセラピーに内蔵されているコンピューター断層撮影装置(CT)を利用して、毎回の治療ごとに腫瘍の三次元画像を取得、腫瘍の位置を確認したうえで治療が出来るため、正確な放射線治療が可能。

強度変調放射線治療(IMRT)

照射される放射能を立体的に、且つ強度を変調させながら、必要な分だけがん病変部に正確に照射するため、治療効果の極大化および放射線による副作用を画期的に減少させる。

定位放射線治療(SRS/SRT)

低侵襲で身体への負担が少ない無痛、無出血の定位放射線治療が可能。

アダプティブ放射線治療(ART:Adaptive Radiotherapy、適応放射線治療)

放射線治療期間中に生じる形態変化をトモセラピーのCT画像で確認することが出来るため、治療による腫瘍の反応や変化が即時に分かるだけでなく、腫瘍の変化に応じて、現状に適合した治療計画に変更することが可能。

多発性腫瘍の同時治療

身体の別の部位に転移した腫瘍も一度に治療が出来るため、効率的ながん治療が可能。

トモセラピーの適用腫瘍

脳腫瘍

  • 悪性脳腫瘍:原発性脳腫瘍、転移性脳腫瘍
  • 良性脳腫瘍:聴神経腫瘍、髄膜腫、頭蓋咽頭腫、下垂体腺腫

頭頸部腫瘍

上咽頭がん、口腔・咽頭がん、下咽頭がん、眼窩腫瘍、上顎洞がん、頭蓋底部腫瘍、甲状腺がん

体部腫瘍

  • 前立腺がん、肺がん、肝臓がん、すい臓がん、消火器がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん
  • 脊髄腫瘍: 転移性脊椎腫瘍、原発性脊髄腫瘍、髄膜腫、脊髄神経鞘腫

血液腫瘍

血液がん患者の骨髄移植における前処置(全身骨髄放射線照射)、リンパ腫

脳血管疾患

脳動静脈奇形&海綿状血管腫

トモセラピーの流れ

  1. トモセラピーによる治療計画用のCT(Planning CT)撮影
  2. 治療計画用CTに、治療する腫瘍と保護する正常組織を表示
  3. トモセラピー計画用コンピューターを用いて最適な治療設計
  4. 治療前にCT撮影し、腫瘍の位置と患者の姿勢を確認
  5. 治療姿勢調整後、トモセラピー照射